20歳前の傷病による障害基礎年金とは

傷病が発症し、その初診日において20歳未満の者(国民年金の被保険者でなかった者)が

  • 障害認定日以後20歳に達したときは、20歳に達した日において
  • 障害認定日が20歳に達した日後であるときは、障害認定日において

   障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときに支給されます。


つまり、20歳前の国民年金に加入義務のない期間に初診日がある場合に、成人後の所得を補う福祉的意味合いのある年金が支給されるということになります。


 20歳前傷病による障害年金は、国民年金独自の制度ですが、障害基礎年
  金の対象ですので、障害等級の1級か2級に該当しなければ受給すること
  はできません。

 20歳前傷病には、生来的に障害を持たれている方も該当します。
  もちろん、幼児期、小学生、中学生、高校生での発症等20歳前なら対象
  になります。



ご家族の方の中には、生来的や小さいころの発症では障害基礎年金はもらえないと誤解されている方も多く、20歳になっても年金申請をされない方が多くいらっしゃいます。
そんなことはありませんので、是非ご相談していただきたいと思います。生来的障害の場合は、原則として初診日は問われません。



 20歳前の傷病による障害基礎年金は、年金加入義務のない年齢ですの
  で、当然保険料納付要件を問いません。

 年金の保険料を納めていないのに支給されるため、支給停止の規定が厳し
  くなっています。(ご本人の収入要件など)
 
 20歳前の傷病による障害年金申請の時期は、
  初診日から1年6か月後が20歳前の場合  20歳に達した日後  
  初診日から1年6か月後が20歳後の場合  初診日から1年6か月を経過した日後

 20歳に達した日とは、20歳の誕生日の前日です。


20歳前の傷病による障害年金では、年数が経過してしまうため、生来的な障害でない場合は、小さいころの初診日の証明ができない例が数多くあります。

そんな時でも、平成23年の厚生労働省告示により、2名以上の者(3親等以内の親族を除く)の証明があればいいとされました。
当時の学校の先生や通院していた病院の顔見知りの看護士さん、あるいは知り合いの方(隣人等)で病気のことや通院の事実をご存知の方などを探して証明書を書いてもらうことになると思います。

ただ、いずれにしても早い段階で申請をするに越したことはありません。
また、年数が経過してしまうと、20歳時点や障害認定日時点の診断書が取れなくて事後重症での申請となってしまうこともあります。

できるだけ早く申請をしていただきたいと思います。


 18歳で会社などに勤務し厚生年金に加入していても、初診日がそれより
  前であれば、厚生年金ではなく、20歳前の傷病として国民年金である障
  害基礎年金の対象になります。

 18歳で厚生年金加入後に初診日がある場合は、20歳前であっても障害
  厚生年金の対象となります。


障害認定日とは

障害認定日とは次の日をいいます。

  • 初診日から起算して1年6か月を経過した日
  • 初診日から起算して1年6か月の期間内にその傷病が「治った」ときは、その「治った」日
  • その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日も「治った」日に含まれます。

具体的に治ったものとして取り扱う主な例

  四肢の外傷で切・離断したものについては、原則として切・離断した日

  人工骨頭・人工関節については、挿入・置換した日

  心臓ぺ-スメーカー・人工弁については、装着した日

  人工透析については、透析開始から3か月を経過した日

  人工肛門については、人工肛門を造設した日

  新膀胱または尿路変更術については施工した日