障害認定日とは

障害認定日とは次の日をいいます。

  • 初診日から起算して1年6か月を経過した日
  • 初診日から起算して1年6か月の期間内に、その傷病が「治った」ときは、その「治った」日
  • その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態にいたった日も「治った」日に含まれます。

 具体的に治ったものとして取り扱う主な例

  四肢の外傷で切・離断したものについては、原則として切・離断した日

  人工骨頭・人工関節については、挿入・置換した日

  心臓ペースメーカー・人工弁については、装着した日

  人工透析については、透析開始から3か月を経過した日

  人工肛門については、人工肛門を造設した日

  新膀胱または尿路変更術については、施工した日

初診日は、障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師
 の診療を受けた日のことです。

 障害の原因となる傷病は、業務上外を問いません。