障害年金の受給要件

障害年金は、次の3つの要件すべてを満たさなければ受給することができません。

初診日要件

その障害の原因である傷病の初診日において被保険者であること。

障害基礎年金については、被保険者であった者でも、初診日に日本国内に住所が有り、60歳以上65歳未満であれば対象になります。

また、前述の20歳前の傷病による障害基礎年金は初診日に被保険者でない者が対象になります。

初診日の持つ重要な意味

初診日は、障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日のことです。
障害の原因となる傷病は、業務上(仕事中など)か業務外であるかを問いません。

障害年金では、初診日は重要な意味を持っています。

  • 初診日に、どの年金制度に加入していたかによって、支給される障害年金が決まってしまいます。初診日に厚生年金の被保険者でなければ、過去に加入したことがあっても障害厚生年金は支給されません。
  • 初診日から1年6か月経過した日が障害認定日になります。つまり、初診日が決まらなければ、障害認定日も決まらないことになります。
  • 20歳前の傷病による障害に該当するか否かは、初診日が20歳前であることが必要です。

初診日の詳しい内容については、「初診日とは」をご参照ください。

障害認定日要件

障害認定日において、障害等級に該当する程度の障害状態に該当していることが必要です。

障害認定日は初診日から起算して1年6か月を経過した日または1年6か月以内に治った場合は治った日をいいます。
その症状が固定化して治療の効果が期待できない状態に至った日を含みます

障害等級は、各等級の障害の程度に応じて政令で定められています。

保険料納付要件

保険料納付要件を満たすためには、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間がある場合は、保険料納付済み期間と保険料免除期間とを合算した期間が、その被保険者期間の3分の2以上であることが必要です。

保険料納付要件の特例

初診日が平成28年4月1日前にある傷病による障害については、初診日の前日において、初診日の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ、保険料納付要件を満たしたとされます。
ただし、初診日において65歳未満である場合に限ります。

つまり、過去にあまり保険料を納めていなくても、直近の1年間について滞納がなければ、保険料納付要件を満たすことになります。