障害年金とは

障害年金とは、国民年金、厚生年金、共済年金に加入している人が、病気やけがによって精神や身体に一定の障害を残した場合に、その障害の程度により支給される年金です。

障害年金の種類


国民年金1級
2級
原則による障害基礎年金
事後重症による障害基礎年金
初めて2級による障害基礎年金
20歳前の傷病による障害基礎年金
厚生年金1級
2級
3級
障害手当金
原則による障害厚生年金
事後重症による障害厚生年金
初めて2級による障害厚生年金
共済年金1級
2級
3級
障害一時金
原則による障害共済年金
事後重症による障害共済年金
初めて2級による障害共済年金


事後重症による傷害年金

事後重症とは、障害認定日において障害等級に該当する程度の障害でなかった者が、65歳に達する日の前日までの間に、その傷病により障害等級に該当するに至った場合です。

この場合、65歳に達する日の前日までに、支給を請求することができます。
65歳に達したら請求できないことになります。

65歳に達する日とは、65歳の誕生日の前日です。
つまり、達する日の前日とは、誕生日の前々日(2日前)ということになります。

事後重症による障害年金は、請求することではじめて受給権が発生します。
そして、請求の翌月から、年金の支給が始まります。

障害認定日は初診日から起算して1年6か月を経過した日または1年6か月以内に治った場合は治った日のことを言います。
 その症状が固定して治療の効果が期待できない状態に至った日を含みます。
 詳しくは「障害認定日とは」をご参照ください。

初診日は、その障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日のことです。

初めて2級による障害年金とは

初めて2級による障害とは、障害等級に該当しない障害状態にある者が、新たに別の傷病(基準傷病)にかかり、基準傷病による障害認定日以後、65歳に達する日の前日までの間に、初めて、基準傷病による障害(基準障害)と他の障害を併合した結果、障害等級に該当するに至った場合です。

この場合は、65歳に達した日以後でも請求はできます。
ただし、繰上げ支給の老齢年金を受けている場合は、支給されません。

初めて2級による障害年金も請求日の翌月から支給が始まります。

事後重症と初めて2級による障害の違いとは

事後重症は同一の傷病が悪化した場合、初めて2級による障害は、異なった傷病が発生した場合の措置になります。

また、事後重症は65歳に達する日の前日までに請求しなければなりませんが、初めて2級による障害は65歳に達する日の前日までに障害等級に該当すれば、請求はその後でもできます。

20歳前の傷病による障害基礎年金とは

傷病が発症し、その初診日において20歳未満の者(国民年金の被保険者でなかった者)が

  • 障害認定日以後20歳に達したときは、20歳に達した日において
  • 障害認定日が20歳に達した日後であるときは、障害認定日において

障害等級に該当する程度(1級又は2級)の障害の状態にあるときに支給されます。

20歳前の傷病による障害基礎年金は、国民年金独自の制度です。

20歳前傷病には、生来的な障害の場合も該当します。
 精神発達遅滞(知的障害)などもその中に入ります。


 ご家族の中には、この障害では障害基礎年金はもらえないと誤解されている
 方も多くいらっしゃいます。
 そんなことはありませんので、是非ご相談していただきたいと思います。

20歳前の傷病による障害基礎年金は、保険料納付要件を問いません。

年金の保険料を納めていないのに支給されるため、支給停止の規定が厳しく
 なっています。

20歳に達した日とは、20歳の誕生日の前日です。
 

障害年金の遡及請求とは

遡及請求とは、障害認定日に支給要件に該当していたにもかかわらず、何らかの事情で請求していなかった者が、障害認定日から1年以上経過してから請求することです。

障害認定日時点の障害の程度がわかる診断書によって、障害等級に該当していたことが明らかな場合、請求することで、さかのぼって支給されます。

ただし、障害認定日から5年以上経過していても、支給されるのは5年前までの分になります。

経過分の年金は、年金支給決定後、初回振り込みの時に支給されます。