受診状況等証明書(初診日証明)とは

初診日から継続して障害認定日においても、同じ医療機関で受診している場合は、その医療機関から取得する「診断書」によって初診日が証明されますので、特に取得する必要はありません。

転院等によって、医療機関が異なるときは、あらためて初診時の医療機関から受診状況等証明書を取得する必要があります。

受診状況等証明書は、カルテにもとづいて作成されます。
初診日から多くの年数が経過していると、カルテの保存年数が5年のため、処分されている可能性があり、証明書が取得できないこともあります。

この場合は、「受診状況等証明書が添付できない理由書」を提出して、初診日を申し立てることになりますが、受診状況等が確認できる下記のような参考資料を添付しなければなりません。

◎労災の事故証明書
◎交通事故証明書
◎身体障害者手帳の申請時の診断書
◎健康保険の療養給付記録
◎勤務先の定期健康診断の記録
◎インフォームド・コンセントによる医療情報サマリー

※カルテは、保存年数を過ぎても、書類保管業者が保管しているなどの例もあります。
 あきらめないことが必要です。