保険料納付要件とは

保険料納付要件の原則

保険料納付要件を満たすためには、初診日の前日において初診日の属する月の前々月までに被保険者期間がある場合は、その期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間とを合わせた期間が、その被保険者期間の3分の2以上であることが必要です。

保険料納付要件の特例

初診日が平成28年4月1日前にある傷病による障害については、初診日の前日において、初診日の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ、保険料納付要件を満たしたとされます。
ただし、初診日において65歳未満である場合に限ります。

過去にあまり保険料を納めていなくても、直近の1年間について滞納がなければ、保険料納付要件を満たすことになります。